むしろ出遅れ

今年初めての半そでを出した。本当は次の休みにホットカーペットをしまうつもりで、それにあわせて衣替えをしたかったんだけど、ちょっとフライングだ。

とはいえ、半そで1枚ではまだ少し心許ない感じではあったので、カーディガンでも羽織ろうかと押し入れを探してみた。しかしどうにも見つからず、結局、薄めの上着を着て出かけることにした。昼間は少し暑かったけど、今の時間帯だとちょうどいい。

今ぐらいの季節の、今ぐらいの時間帯が好きだ。ついつい窓を開けたままで過ごしてしまう。混じりっ気も攻撃性もない、気持ちのいい空気。いい意味で、こちらに無関心でいてくれるような雰囲気がある。

いつ頃から暑くなるのかなぁ。あまり服をたくさん持っているタイプではないので、これくらいの時期は、服装に悩む。新しく服を買おうかと考えないでもないけれど、たぶん僕が服を買うより先に、季節が変わっていくんだろう。実際のところ服なんてものは、フライング気味に用意するぐらいがちょうど良いんだろうな。

春の日

「暖かくなってきた」というのがより正確なのかもしれないが、僕は、「暑くなってきたな」と感じた。お天気アプリで気温を見てみると、どうやら19℃もあるらしい。夏の19℃は涼しく感じるのに今の19℃が暑く感じるのは、やっぱり服装のせいなのだろうか。それとも、今までとの比較が重要なのか。単純に、暑いのが苦手だからそう感じるのかもしれない。

数日のスパンで繰り返されていた雨の予報も、この先一週間はないらしい。っていうか、なんなら桜も咲いていた。公立高校の卒業式も、先週だか先々週だかに終わったらしい。そういえば、洗濯物が乾くのが、少し早くなってきたような気もする。

ぼーっとしているとあっという間で、くらくらしてしまいそうだ。

またね

今になってようやく大晦日の実感がわいてきたので、ダーーーッと書こうかなと思う。

 

今年は、ラブライブに費やした1年だった気がする。

そういう意味で充実はしていたんだけど、私生活というか、なんかその辺は停滞しっぱなしだったので、来年そこは変えていきたいな。

 

皆さん今年もありがとね。

もう相当付き合い長くなって来た人も、ほとんどはじめましてな人もいるけれど、来年以降も変わらぬ、よりも、何か今までと変わった想い出が新しく作れるといいよね。

 

あと、そろそろお金ないって言いながら生活するのやめたいのでお金ください。

 

ではまた。

ジャパニーズハロウィン

地元高知に住んでいる間はハロウィンと言われてもピンと来なかったのだけれど、上京して渋谷に行き、「なるほどな」と思わされたのを覚えている。確かにハロウィンは、日本人好みにチューニングされ、新たな文化として根付いていた。

そもそもの話、日本人は祭り好きである。さらにその時、特別なコスチュームを身にまとうのも好きな民族だ。夏祭りには浴衣を着ていくし、初詣には着物を着ていくし、成人式には振り袖を着ていく。一般に浸透しているかはともかくとして、コスプレなんて文化もある。

そしてさらに言うと、行列を作るのも大好きな民族だ。ラーメンパンケーキ流行りのスマホ、エトセトラエトセトラ……。例を挙げれば枚挙に暇がない。5時間くらいなら平気で待っている人たちがたくさんいる。

そう考えると、特別な衣装を身にまとって行列を作り上げる日本式ハロウィンは、これ以上ないくらいに日本人好みのイベントであると言える。そりゃ流行るわ。

ただ、右に倣えも日本人の気質である。だからこそ僕の地元ではそれほどハロウィンをやっている人たちがいなくて、渋谷はすごいことになっているんだろうなぁ。

僕自身があの集団に加わることはないだろうけど、それでもなんとなく日本人らしいなぁって感じがして。別に嫌いじゃないよ、ハロウィン。

 

「めざましテレビPRESENTS『T-SPOOK』」感想(のフリをした布教記事)

 土曜日、めざましテレビ主催の『T-SPOOK』に行ってきました。お目当てはAqours(アクア、と読みます)だったので、それに関する感想になります。

 さて。「そもそもT-SPOOKって何?」って話だと思うんですけど、ざっくり説明すると、ライブとパレードの2つを主軸に据えたハロウィンイベントです。『パレード』では仮装をしたゲストや一般客が会場内を練り歩き、『ライブ』では、そのゲストたちがステージを披露してくれるわけです。お目当てのAqoursは、その両方に出演していました。

 僕はパレードには参加せず、その一行が通るルート沿いで観覧をしていたんですけど、まあすごかった。すごいイベントだった。

 Aqoursは制服+小物グッズを身に着けた“プチ仮装”って感じの出で立ちで、まあみんなニコニコお客さんたちに手振ってくれるわ楽しそうにキャッキャしてるわおどけてみせるわなんなら会話したりハイタッチした人もいたみたいで、めちゃくちゃ距離が近いイベントでした。しかもこれ、静止画に限りですが、撮影自由だったんですよ。いやもうほんと意味がわからない。日本のアーティストって写真に厳しいじゃないですか。Aqoursもその例に漏れず、撮影可のイベントなんて今までなくて。ただもうほんと近すぎて興奮してまともな写真があまり撮れなかったのは後悔。それでも僕の推しに「ギラン」(そういうポーズがあるんです)ってやったら「ギラン」って返してくれたのは、なんというか、アイドルにハマる人の気持ちがわかった気がした。いやあれは嬉しいわ。

 そんなわけで、もうこの時点で大満足なイベントだったんですけど、ライブが本当にすごかった。すっごい攻めてた。

 ここでちょっと簡単にAqoursの説明というか、紹介をさせてください。

 『Aqours』というのは『ラブライブ!サンシャイン!!』というプロジェクトに登場するスクールアイドル*1で、だから、そもそもは二次元のキャラクターなんですよ。で、その二次元Aqoursを演じる声優さんたちが現実でも『Aqours』というグループ名でライブをしたり、イベントに出たりと活躍をしているわけです。

 そのライブのウリのひとつになっているのが『PVの再現』で、つまりアニメのキャラクターたちが踊っているダンスを、しっかりそのまま声優さんたちが踊るんですよ。これがまたすごいの。僕はやっぱりもともと音楽好き、ライブが好きな人間だから、それもあってラブライブにどハマりしたんだろうなぁ。

 話をT-SPOOKに戻します。

 まず、セットリストを置いておきますね。

1.未来の僕らは知ってるよ(TV size)
2.HAPPY PARTY TRAIN
3.Daydream Warrior
4.SKY JOURNEY
5.恋になりたいAQUARIUM
En1.届かない星だとしても

 いやもうこれヤバくないですか??? めちゃくちゃ攻めてる。

 知らない人にはなんのこっちゃだと思うので順を追って書いていきますね。

 

 まず1曲めの『未来の僕らは知ってるよ』。これは現在放送されているTVアニメのOP主題歌で、この日が初披露だったんですよ。CD発売が10/25なので、発売前の曲です。

 youtu.be

 曲自体はアニメの主題歌ということもあってラブライブの王道を行くような感じだし、キャッチーだし、魅力のひとつである『PVの再現』ってのがわかりやすくもあるので、1曲めにぴったりの曲だと思います。

 ただ、単独イベントの前に披露してくるか! というのがひとつ攻めポイントかなって。あと、これは衣装も再現されています。これもまた再現度が高くて可愛いんだぁ。

 ぶっちゃけるとライブはオルスタ形式で、前の人たちが身長高くてステージもスクリーンもあまり見えてなかったので、この曲に限らず、詳しい感想書けないんですよね。まあスクリーンにはアニメPVが映し出されてたんですけど。とりあえず、テンション上がりました。

 

 2曲めはHAPPY PARTY TRAIN。これは現時点での最新シングルで、9月末まで行われていた2ndツアーのタイトルにもなっていた曲です。

 youtu.be

 新たな旅立ちを思わせる歌詞に、でもちょっと切ないような寂しさを滲ませたメロディで。大好きなんですよね、この曲。

 これもアニメPVをバックのスクリーン背負って踊る構図で、Aqoursを、ラブライブを見たことのない人たちにも、この2曲の流れでしっかりやりたいこと・やってることが伝わったんじゃないかなって思います。

 ここでMC。普段は定番のコール&レスポンスがあったりするんですけど、この日は持ち時間が30分とかだったらしくて割愛されてた。まあメンバー9人もいるんで、それだけで結構時間食っちゃうんですよね。

 それでも「雨なんかに負けず盛り上がってくれますかー!」なんて煽られて(そう、小雨が降ってたんです)、こちらのテンションもぐんぐん上がっていく。

 そこで「それでは聞いてください」と次の曲に入るんですけど、なんというか、ファンって、ちょっと予想しちゃうじゃないですか。「次はこれかな?」って。僕もいろいろ予想してたんですけど、タイトルが告げられた瞬間、一瞬の混乱の後に叫んでしまいました。僕だけじゃなくて、会場の歓声もすごかった。

 

 そんな3曲目が、Daydream Warrior。

 youtu.be

 あの、イントロだけでもいいから再生して聴いてほしいんですけど、むちゃくちゃクールでカッコよくないですか? 僕もうこれ試聴動画が公開された時点で大好きになってて、前述の2ndツアーで披露されたときもめちゃくちゃ嬉しかったんですよ。

 ただ、この曲、アニメのBDを買わなきゃフルで聴けない曲なんですよね。いわゆる特典曲。だからやっぱりアニメ曲とかシングル曲に比べると認知度低いだろうし、今後披露される機会ってそんなにないんだろうなぁと諦めてたんですよ。

 それが! まさか! こんなところで!

 BDの特典曲を突っ込んでくるのもめちゃくちゃ攻めだと思うし、こういうカッコいい曲を持ってくるのも、結構な冒険だったんじゃないかなって気がします。

 あと、この曲にはアニメーションPVはないんですけど、ダンスはガチでやってます。間奏(この試聴の範囲ではないけど)のダンスとか本当にカッコいいから、機会があれば見てほしい。2ndツアーの円盤早く出てほしい。っていうかこのライブの円盤がほしい。

 

 そしてそのままの流れで4曲目、SKY JOURNEY。

 youtu.be

 この動画の1曲目です。

 どこか歌謡曲を思わせるような楽曲で、これもまたPVはないんですけど、ダンスがカッコいいんですよ。PVがない、つまりアニメーションを再現する必要がない曲なんだから少しくらい手を抜いて簡単な振り付けにしたっていいと思うんですけど、そういう妥協が一切ない。すごい。

 で、これなんですけど、動画に書いてある通りカップリング曲なんですよね。知名度のあるアニメ曲を切ってまで(実は今回のセットリストでアニメ関連の曲って、1曲めだけだったんです)カップリング曲を入れてくるって、これもやっぱりひとつ“攻め”てますよね。攻めることをやめないグループが好きなんです、僕。

 2ndツアーのMCでも言ってたんですけど、Aqoursってそれまで可愛らしい系の曲や元気系の曲が多くて。そんな中2ndツアーでカッコいい系の曲をたくさん披露して、それがしっかり自信に繋がったからこそ今回のセットリストなんだろうなぁと思ってる。

 だって、みんなが知らない曲をやるって、純粋にパフォーマンスだけで認めさせなくちゃいけないわけで。いやもうほんとカッコいい。曲もそうだけど、その姿勢がカッコいい。

 ここでMC。簡単な挨拶があって、「次が最後の曲です」と。

 

 5曲目。本編ラストの、恋になりたいAQUARIUM

 youtu.be

 こちらは2ndシングル。みんなで一緒に歌ったりするところもあって、ノリノリで楽しくて、でもちょっとトリッキーな構成の曲です。これはアニメーションPVアリの曲。

 攻めるところは攻めて、最後はしっかり定番曲で締めてくれるのはやっぱりいいなぁと思います。ただ、この曲も2曲めのHAPPY PARTY TRAINもアニメーションPVはついてるんですけど、TVアニメで使われているわけではなくて。いくらシングル曲といってもアニメ曲のほうが知名度高いだろうに、それを切り捨ててでもこっちを持ってくるところに、心意気を感じたというか。

 あと、この曲が始まる頃には、小雨だった雨脚が強くなってきていたのも、なんか逆に良かった。たぶんそう思っていたのは僕だけじゃなくて、会場の盛り上がりもすごかったなー。本当に楽しかった。

 この曲が終わってAqoursが一旦引っ込んで、アンコール。あ、そうそう。Aqours、この日のトリだったんです。単独イベントじゃないしアンコールあるのかなーとは思ってたんですけど、退場のアナウンスも流れないし、フェスでもトリのアーティストはアンコールあったりするし……と思って会場に残っていたら、ステージの照明が明るくなって、Aqoursが再登場!

 

 そして本当の最後1曲。届かない星だとしても。

 youtu.be

 この動画の2曲目(2:05〜)です。ちょっと短いけど、でも、こういうノリの楽しい曲。イントロのギターのリフから大好きなんですよね。そこに金管入ってきてって、もう否応なしに盛り上げられる。

 最後の瞬間を燃やし尽くすように、それこそ届かない星に手をのばすように拳を突き上げて、とんでもなく楽しかったし、ステージ上の彼女たちも楽しそうだった。クラップとかもあってめっちゃ楽しいんだ、この曲。

 もう何をしたって楽しいには勝てないし逆らえないから、やっぱりずっとついていきたいな、応援したいなって思った。

 

 初めて行ったT-SPOOKだけど、本当にいいイベントでした! 今回Aqoursがこんなセトリで勝負できたのも、パレードあってこそだと思うんですよね。パレードという「可愛いAqours」を見せる場所があったからこそ、一転ライブでは「クールなAqours」で魅せるセットリストを組めたんじゃないかなって。そのバランスがすごく良くて、初めての人たちも、好きになってくれたら嬉しいなぁ。

 いやもうほんと、今まで以上に好きになっちゃうよね。困る。

 彼方の星を目指す旅路に、僕も最後まで付き合わせてください。

 

 P.S.

 書き忘れてた。たぶん月曜日のめざましテレビでこのイベントの様子が取り上げられると思うので良かったら。……って、もうこんな時間だけど。

 

*1:学校で、部活動としてアイドル活動に励んでいる子たちのこと。

〝みんな〟で叶える物語

 書きなぐる。

 僕はラブライブが好きです。μ'sもAqoursも好きです。μ'sは言わずもがな、Aqoursも、μ'sの後釜に収まろうとするんじゃなくて、彼女たちだけの道を進んでいこうとしているところが好きでした。

 とはいえほら、やっぱり同じコンテンツからスタートしたグループだから、絡んでほしい気持ちもあったんだよね。各々が各々の道を進むのは前提としても、やっぱりほら、μ'sからAqoursへの激励の言葉とかあったら嬉しいしさ。

 でも、ラブライブというコンテンツは、そういうことがなくて。

 Aqours発足以降、Aqoursがμ'sに触れるのも極たまにで、ふれてもそれほど大きく取り上げることはなく、さらっと流す感じで。

 μ'sからAqoursへの言及と行ったらもう箝口令しかれてるんじゃないかってくらい少なくて。

 だからもうそのへんは諦め気味にラブライブ追ってたんですけど、それが今日ですよ。今日のTGSですよ。僕は嬉しい。

 端的にいうと、Aqoursのリーダー伊波杏樹さんがMCを担当していたラブライブのアプリの発表会に、μ'sのリーダーである新田恵海さんがスペシャルゲストとして登場したんですよ。そりゃもう胸熱ですよ。泣くよそんなもん。

 ああもうリアルタイムで追えててよかったなあ! お酒が美味しいよこんちくしょう!

 Aqoursの伊波さんはもともとラブライブが大好きな人でさあ。それを知ってるからもう余計にだよね。ああもうほんと……。

 これからはもっと気軽にリプを飛ばし合ったりだとか、なんかお話したよーってエピソードを、ラジオやツイッターで知らせてくれると嬉しい。表立って積極的に絡まなくてもいいから、僕はそれが嬉しい。好きな人たちが良好な関係を築いてくれると、もうそれだけでいいです。

 ラブライブわかんない人には(もしかするとわかる人にも)よくわかんないブログになっちゃったね。酔った勢いで書いたから許して。バイバイ。

 あ、PDPの子たちも応援してるよ。僕はかすかすが好きです。

境界線上のアリア

 9月に入り、カレンダー通りに気温が下がってきましたね。雨の日が増えて「夏も終わるなぁ」なんて思っているんだけど、蝉の声から、夏の最後のあがきを感じる。

 ただ、その蝉たちのせいなのかはともかくとして、週間予報によると明日からまた暑くなっちゃうようで。寒いほうが好きな僕としては、なんというか、「マジかよ」って気持ちだ。暑くなるならせめて晴れてくれ。洗濯物が干せないんだ。

 もう何年も前(たぶん中学生くらい?)から「一人暮らしをしたいな」って気持ちはあったんだけど、その当時は「雨が続くと洗濯物が干せなくなる」なんて心配をしたことはなくて。思うに当時、夢はただの夢であって、生活とは切り離されたものだったんだろうなぁ。

 気を抜くとすぐに一人暮らしを始めたときがどうだとか、そんな話をしちゃうのはよくないね。引き出しを増やすためにも、普段と違うことをして、世界にもっと触れなくては。

 なんて思いつつも、普段通りウイスキーを飲んで夜をすごしています。ふふふ。美味しいんよ、ウイスキー。ホットの紅茶で割るのは早かったかな。ちょっと暑くなってきちゃった。

 夜はまだまだ長いけど、ここらで筆を置こうかな。酔っ払って言葉を紡ぐと碌なことにならないって、あのロッカーも言ってましたし。